トップ / インプラントで歯を守る

インプラントの特徴

インプラントで歯を守る

周りの歯に影響を与えないインプラント

失った歯の隙間を埋める治療の一つにインプラントがあります。若い人を中心に多くの方が治療をしていますが、本来の歯を取り戻すことができるとして注目されています。これまで若い人にはブリッジが主流でしたが、ブリッジでは失った歯の横にある健康な歯を削らなくてはいけません。しかしインプラントは周りの歯に影響を与えることがないので、健康な歯を守って治療をすることができます。また、機能や見た目でもブリッジよりも優れているのが特徴です。

インプラントは失った歯を再現する

インプラントとは、失った歯の代わりに、人工の歯根をあごの骨に埋める治療のことを言います。今までは歯を失うと、失った歯の両隣の歯を削って、新しい歯をつなげるブリッジ治療という方法をしていました。この方法は、隣の歯を削るという負担があります。インプラントなら、周りの歯へ負担をかけることなく新しい歯を入れることが可能です。また、差し歯は、歯の根や歯の一部が残っている場合に、上の部分だけを新しく作って、残っている歯の根にくっつけるものです。

↑PAGE TOP