トップ / 無痛治療の歯科医院が増加

歯科の痛みが嫌なら

無痛治療の歯科医院が増加

歯科技術の進歩で麻酔も無痛

歯科医療技術の進歩で虫歯治療するときの麻酔の痛みにも配慮してくれる歯医者が増えました。無痛麻酔という通常の注射針よりも細い針を使用した電動の麻酔器で麻酔液の注入速度をコントロールしながら麻酔注射を行うことで、熟練した歯科医の技術をどこでも受けることができるようになりました。また注射の前には表面麻酔薬を歯茎に塗ることで、注射針が刺さる時の痛みが軽減されます。麻酔をすれば虫歯を削る時の痛みはほとんどなくなりますが、その麻酔注射が嫌いなので歯医者に行きたくない人が今までは多かったと思います。しかし今後は無痛麻酔がますます普及することで歯医者嫌いの人でも行きやすくなります。

無痛治療を行う歯医者さん

歯科治療は痛みがあるものだというイメージがあります。治療を受けるのが嫌で、自覚症状があっても受診しない人もいるほどです。しかし、最近は無痛治療を取り入れるところが増えています。麻酔をする前に、歯茎をしびれされるジェルを塗って、細い注射針を使うことで、痛みを感じさせずに歯科治療が行えます。削るドリルも、より音がしないものや、振動が少ないものが開発されて、精神的な負担も軽減しています。中には、ドリルではなく、レーザーを使うことで虫歯治療をする先生もいます。患者さんがより快適に治療できるように、新しい治療が開発されています。

↑PAGE TOP