トップ / 詰め物が取れたら歯科医院へ

歯科医院へ行こう

詰め物が取れたら歯科医院へ

歯科の詰め物の健康保険について

歯科の詰め物には、健康保険が利くものと利かないものがあります。健康保険が利くものは、銀色、金色、変色するプラスチックを用いますが、健康保険が利かないものは、見分けがつかないような審美製の高いものが使われます。歯科の詰め物の寿命は、健康保険が利くものの場合、限られた時間内で決められた材料で行うため、健康保険外の治療の方が長持ちしますが、必ずしも保険外のものの方が長持ちするとは限りません。普段のメンテナンスを行うことで長持ちをさせることができます。また、健康保険外で治療を行う際には、健康保険が利く場合には保障はないのですが、健康保険外の治療の場合、医院によって対応は違うため、保障内容は治療前に確認しておくことが大切です。

詰め物が取れたら1カ月以内に

ソフトキャンディーやガムなど粘着系のお菓子を食べている時などに歯の詰め物が取れることがあるものです。詰め物を元の場所に戻そうとする人も多いと思います。強者の中には接着剤で付けてしま人も少なくは無いようですが、歯が割れたり、欠ける、食事中に誤って飲み込んでしまう恐れもありますので戻さないようにしましょう。歯科医院に行くまでは清潔に保つ必要があるので歯磨きを丁寧にしましょう。1ヶ月以上放置すると、初期段階の虫歯が始まりますので、取れた1ヶ月以内に歯科医院に行くようにしましょう。早期に治療すれば治療日数も少なくて済みます。

↑PAGE TOP